アフターピルの画像

アフターピルさえあれば避妊に失敗しても慌てる必要がありません。もしも避妊に失敗したとしても、アフターピルを72時間以内に服用することで80%妊娠を回避することができます。こちらではアフターピルの仕組みについてご紹介していきます。

アフターピルと病院と体重について

アフターピルについては、性交渉の後の妊娠を防ぐための避妊のための薬であり、緊急用の薬となっています

万が一に、避妊せずに性交渉を行ってしまったという場合や、または予期せぬことで、性交渉を行っている最中に、コンドームが外れてしまった場合や、コンドームの先が破れてしまったという場合などには、妊娠してしまう確率が、コンドームをしっかりとつけた場合と異なり、確率があがってしまうものですが、この妊娠を防いでくれるものが、アフターピルであるのです。

ただ、24時間以内に出来るだけ早く、アフターピルを服用すること、時間との勝負であることが多く、72時間を過ぎてしまった場合には、妊娠する確率が、早めに飲んだ場合に比べて、倍ほどにもあがるとされており、いかに早く、ピルを服用することが大切であるか、が大きなポイントとなります。

また同時に、アフターピルについては、保険が適用されない自由診療となるため、保険適用外であることから、かなりの金銭的な負担が、カップルであったり、服用を余儀なくされる女性にお金がかかることになります。

また、上記のように保険がきかない薬であることから、病院ごとに、アフターピルの金額には差があり、これらは大きな違いとなっているため、事前に出来れば調べておくことが大切です。

またアフターピルについては、副作用などが酷く、吐き気やめまい、頭痛やお腹の痛みや下痢、酷いイライラとした気持ちや、体重の急激な増加、または逆に胃痛などから、体重が減少する、このような副作用が大きくあります。

このような辛い症状を防ぐためにも、出来るだけ避妊をしっかりと行い、アフターピルを飲まずに、しっかりと避妊を行うことがとても大切です。