アフターピルの画像

アフターピルさえあれば避妊に失敗しても慌てる必要がありません。もしも避妊に失敗したとしても、アフターピルを72時間以内に服用することで80%妊娠を回避することができます。こちらではアフターピルの仕組みについてご紹介していきます。

アフターピルと蕁麻疹と脱水について

アフターピルは万一の時、避妊を失敗した時の為に服用を行う、緊急用のピルであり、妊娠を望まない女性を助けるものでもあります。

パートナーとの妊娠を望んでいない場合など、避妊をしっかりと行っていても、やむを得ずに、避妊に失敗してしまった場合には、このアフターピルを使って、こちらを服用することで、妊娠を止める事が出来るものです。

ただ、アフターピルには多くの副作用があり、主な副作用としては、吐き気や頭痛、胃の痛み、下痢、嘔吐やめまいなどの他にも、蕁麻疹が体に出てしまうことがあります。

また、上記のように胃痛などやお腹の痛みが酷い場合には、食欲がまったくない状態になってしまい、水を飲むことも吐き気などが出てしまう症状があり、そのため、脱水症状となってしまうこともあります。

また、このように食欲がまったくなる一方で、逆に、胃腸などの調子に問題がなく、急激に食べ物が食べたくなり、体重が重くなる、このようなケースもあるため、個人差もかなりあるものです。

アフターピルは性交渉を行った後、可能な限り早く服用することが大切であるとされています。

おおよそ、72時間以内に可能な限り速く、服用を行い、さらにその12時間後に服用を行います。

このように、医師に指示された通りに、しっかりと服用を行うことで、妊娠の可能性を低くすることが出来ますが、上記のように、時間が早ければ早いほど、妊娠の可能性を低くすることが出来るため、ある意味では、時間との勝負となります。

また、受診する科としては、産婦人科や婦人科となり、また、保険が適用されないため、自費がかなりかかってしまう薬となってしまいます。

また、病院によっても、金額が異なる点にも注意が必要です。