アフターピルの画像

アフターピルさえあれば避妊に失敗しても慌てる必要がありません。もしも避妊に失敗したとしても、アフターピルを72時間以内に服用することで80%妊娠を回避することができます。こちらではアフターピルの仕組みについてご紹介していきます。

アフターピルと過多と自由診療について

アフターピルは、パートナーと性行為を行い、妊娠の可能性が高いと判断した場合には、すぐに産婦人科、または婦人科で処方を受ける必要があるお薬です。

アフターピルは避妊薬として高い効果を持っており、同時に受精卵が体に着床することを防ぐ効果がとても高いのですが、服用を行う時間が遅れてしまえばしまうほど妊娠率は高くなってしまいます。そのため、万が一に、妊娠をしてしまった場合には、次には中絶手術が必要となってしまうことになります。

アフターピルの価格は病院により異なっています。これはなぜか?というと、アフターピルの処方については、自由診療であるため、病院により、値段、価格が異なっているのです。

そのため、病院によっては、価格について倍以上の値段がかかるケースも珍しくありません。

また、自由診療であるため、保険が適用されないことが当然となっており、そのため、女性にとっては金銭的にも、かなり高い出費となるケースもあります。

ドラッグストアなどで手に入れることは出来ず、上記のように産婦人科や婦人科での処方となるため、注意が必要となってきます。

また、上記のように全額自己負担となるところが自由診療である所以であるため、このことを知らずに、アフターピルは保険が適用されるから…と思っていると、意外にも大きな痛い出費となります。

また、同時に、アフターピルは、かなりの副作用が女性にかかり、酷い吐き気や、胃痛、胃酸過多などが起こることがあり、また同時にめまいや倦怠感、酷いイライラとした気持ち、このような症状が長期間出る人も珍しくありません。

アフターピルについては、上記のように、胃酸過多が出ることもあれば、同時に、酷い倦怠感などが出ることがあるため、性交渉を行う際には、とても慎重に性交渉を行う必要があります。